ブログ一覧


屋根について・その2

ここでは「屋根」をキーワードに、毎回興味深くご一読いただける記事を、順次アップしております。

前回お伝えの通り、今回からは屋根に特化した知識情報のご紹介を、しばらくの間続けさせていただく予定です。

もちろんプロ屋根ブログらしく、学習参考書的な文章に終始するつもりはありません。

謝りのないデータと知識を確実にお伝えしつつ、肩の力を抜いて目を通していただける、同サイトならでは世界観をお届けできればと思います。

これまでの配信の流れをくむ形で屋根プロがお届けする屋根のあれこれ、まずはこのテーマから始めさせていただきます。

 

 

☆形状別・屋根の種類いろいろ

形状で区別した屋根の種類に関しては、全部で何種類存在するのか、多くの見解が伝えられています。

より専門的な基準で細分化した場合、十数種類に分けられるとする情報も見られますが、ここでは基本中の基本となる、以下の7種類をご紹介します。

 

 

・切妻屋根(きりつまやね)

幼い日の私たちが最初に認識したであろう、家屋の中心を走る直線を頂点に、両端が左右に分かれて下がる形状の屋根です。

和瓦・洋風の瓦・金属など幅広い素材が用いられるシンプルな形状で、メンテナンスも比較的簡単なメリットが魅力です。

降り注ぐ雨が左右に分散されて流れ落ちるため、豪雨対策にも長けていますが、双方に雨どいを設置する必要があります。

 

・片流れ屋根(かたながれやね)

三角形の一片が地面から垂直に伸び、屋根の面が一方へ流れるように下がる、シンプルながら個性的なデザインが特徴です。

構造が単純で工費を抑えられ、屋根の面が南向きであれば太陽光発電パネルの設置にも向いています。

金属屋根が一般的ですが、瓦を用いることも可能です。

ただし一方方向に雨や雪が流れ落ちるため、隣家への配慮や雨どいの強化など、いくつかの注意点が見過ごせません。

 

・方形屋根(ほうぎょうやね)

屋根の中心点を頂点に四方に下る形状で、正方形もしくはそれに準じた床形状の家屋に用いられます。

屋根自体の重みや降雨降雪が分散される利点から、風雨に対して強く、気象の変化が激しい地域に適した構造とされています。

瓦・金属など幅広い素材を用いることができる反面、先述の通り、建物の床の形状によっては不向きな場合があります。

 

・寄棟屋根(よせむねやね)

先述の切妻屋根の頂点のラインに対して直角に、さらに2面追加した、異なる4方向に傾斜した屋根面を持つ、幾何学的な外観が特徴です。

四方に屋根面が向いていることから強風対策に優れており、瓦屋根であれば存在感と重厚感に富み、金属屋根であれば優れたデザイン性が強調されます。

 

・陸屋根(りくやね・ろくやね)

鉄筋コンクリート造の建物では一般的な水平面が特徴で、屋上として使用できるメリットから、家屋でも採用され人気を博しています。

木造住宅では防水面のリスクから不向きとされていますが、万全の防水対策を謳い、自社イチ押しの屋根とするハウスメーカーも見られます。

十分な強度と防水・排水設備が不可欠ですが、屋上ガーデニングを楽しめる・雪下ろし不要など、独自のメリットを有しています。

 

・招き屋根(まねきやね)・差し掛け屋根(さしかけやね)

先述の切妻屋根に段差をつけて内部にロフトを設け、窓を設置することで外光を採り入れる、スタイリッシュかつモダンなデザインと機能性で人気の形状です。

段差で切妻屋根の片面の斜面が分断されて短くなるため、高い部分を「招き屋根」、一段低い部分を「差し掛け屋根」と称し、双方で1つの屋根です。

 

・入母屋屋根(いりもややね)

先述の寄棟屋根が描く4面の上に、切妻屋根の2面を乗せた、一定以上の床面積を持つ日本家屋に見られる、独特の存在感が印象的な形状です。

雨水が侵入しないように和瓦を敷き詰める作業が難しく、費用面の負担が避けられません。

いかがでしょうか?

各々の正式名称と特徴を、正確に暗記する必要はありません。

ぜひこの記事を豆知識の手引書として、ご自宅の屋根やご近所に立ち並ぶ屋根がどれに該当するのか、ぜひ確かめてみてください。

さらには移動中に偶然目にした屋根に関しても意識を向けてみることで、それまでとは違う、興味深い風景と映ることでしょう。

 

 

以前よりほんの少しだけ屋根について詳しくなったことで、随分世界が変わった気がしませんか?

プロ屋根では専門知識以外にも、こうした「日々の暮らしで心躍るヒント」もお伝えしてまいります。

また屋根の種別は、形状以外にも素材を基準に、いくつかに区別することができます。

今回触れた計7種類の形状それぞれに、さまざまな素材を組み合わせることで、屋根のバリエーションはさらに大きく広がります。

 

大切なご自宅の屋根の特徴をより正確に理解することが、メンテナンスが必要な時期や、日常生活で意識すべき注意点の見極めにつながります。

 

 

次の記事では「素材」に視線を合わせ、屋根という私たちの暮らしに必要不可欠な設備を、もう1段階掘り下げてみたいと思います。

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.