ブログ一覧


屋根工事内容・その7

「屋根」がコンセプトの同ブログ、今回は「軒天・瓦補修」がテーマです。

 

『軒天』なる普段馴染み薄い語句から、地域密着の小さな中華料理店を連想されたのであれば、おそらく平和で心躍る毎日をお過ごしでしょう。

実はこの軒天、屋根の重要な設備であると同時に、屋根の深刻なトラブルを私たちに知らせてくれる、要着目ポイントであることは、まだまだ周知されていません。

みなさんの大切なマイホームの屋根が訴えるSOSを見過ごさぬためにも、ぜひ押さえておいていただきたい、必読の内容をお届けします。

 

 

☆軒天・瓦補修(のきてん・かわらほしゅう)

・軒天のシミが教える緊急事態

ここでもまずは結論ファーストで、この重要事項をお伝えしましょう。

軒天にシミを発見したのであれば、ためらわず専門業者に連絡しましょう!

防水シートが劣化して正常に機能していない、何よりの証拠です。

 

屋根の下に敷き詰められた防水シートが劣化すると、シートの真下のベニヤ部分に水が染み始めてしまいます。

この時点では外から目視確認ができないため、症状は自ずと進行してしまいます。

やがて雨水はベニヤを通過して、その下の破風板も通過から軒天に達し、シミが生じ始めます。

私たちが屋根の異変に気づくことができるのは、ここまで雨漏りが進んだタイミングであるため、この時点では一刻の猶予も許されません。

しかしながら室内では異変は確認できず、多くの人たちは「雨水で湿って変色しているだけだろう」と、そのリスクを察知できないようです。

その結果さらに雨水の進行が続き、屋根を構成する木材の腐食が始まったり、天井にシミが生じ始めるケースが後を絶ちません。

木材の腐食は大幅な強度の劣化につながり、最終的には屋根自体が折れ曲がってしまい、屋根全体を再構築しなければならなくなった事例も報告されています。

なにやら脅かすような内容と読めてしまうかと思いますが、あらゆる木造家屋に生じる可能性が否定できない、要注意の経年劣化であることを知っておきましょう。

 

・専門業者の目で早期発見を

軒天にシミが生じる代表的な原因が、瓦のズレや劣化であることは、プロ屋根ブログ読者であれば、これまでにご紹介した内容からお察しいただけるでしょう。

地震・台風・突風などの天災で屋根に振動や外圧がかかり、瓦がコンマ数ミリズレてしまっただけでも、雨水の侵入経路が生じてしまうケースは数え切れません。

さらには経年劣化による瓦のひび割れ(破損)など、普段目視確認が非常に難しい屋根の表面では、さまざまな変化が生じ続けています。

 

たとえば鉄道の高架線を走行中、屋根が大変なことになっているにもかかわらず、ブルーシートの応急処置すらなされていない家屋を目にすることがあります。

車窓越しに遠ざかっていく光景を目にした次の瞬間、忘れてしまいがちな屋根のトラブルですが、ここでお尋ねします。

アナタの大切なご自宅の屋根も、実はずっと以前から同様の状態だったとりたら?

不安感をあおるようで申し訳ありませんが、このような状態である可能性を教えてくれるのが、先述の『軒天のシミ』なのです。

こうしたトラブルは当然、DIYの範疇外です。

 

瓦のトラブルの現場調査や修復作業は、基本足場を組み上げる必要があり、滑りやすい斜面での作業は危険度が極めて高く、素人作業はご法度です。

ここでより費用と工期を抑え、迅速確実に補修を完了するのであれば、私たちの選択肢はただ1つ、早急に専門業者に相談することしかありません。

瓦を一旦外し、劣化した防水シートを新しいものと交換から瓦を適正に並べ直す作業でとどめられれば、不幸中の幸いです。

木材に深刻なダメージが及んでしまっており、再構築の必要があれば、自ずと大工事となり、費用負担は大きく、工期も長くなってしまいます。

なにより雨水が原因の木材の腐食は、ギリギリの状態で目一杯踏ん張り続けた果てに、ある瞬間一気に限界点を越えてしまいます。

水面張力で溢れ出す寸前のコップの水や、風船が割れる直前を連想してみてください。

実際には状況こそ違いますが、取り返しのつかない状態に陥るのは、私たちには予測不可の一瞬であることを、この機会に肝に銘じておきましょう。

私たちが暮らす家屋の屋根は、過剰なほどに頑張り屋さんすぎます。

居住者の快適生活空間を守るべく、能力を超えた悪しき状態に陥ってしまっても、黙々と責務を果たそうと踏ん張り続けます。

 

だからこそ日頃の感謝をこめて、屋根とその周辺の様子に気を配ってあげる習慣を、家族全員で共有されることをおすすめします。

・プロ屋根厳選の専門業者が待っています

「お母さん?お家の屋根のあのあたり、なんだか変だよ?」

お子さまの純粋無垢な瞳が、我が家の屋根の緊急事態を捉えたらしく、こんな報告を届けてくれました。

「はいはい」

これまでであれば、適当に聞き流してしまったかもしれませんが、今のみなさんは違います。

「ありがとう。よく教えてくれたわね」

お子さまのグッジョブに感謝を伝え、そこから次になすべきことも、すでにご存知の通りです。

落ち着いて善は急げ。

現在アクセス中のプロ屋根サイトから、そのままどうぞ。

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.