ブログ一覧


アスベストについて

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは「アスベスト」についてご説明をさせていただきます。

アスベストは有害物質で体に害を及ぼすとされております。

古い家屋では屋根材にアスベストが含まれているお家もあり、破棄する際などは結構な金額を支払い処分などを行います。

ではアスベストとはどのような物なのか説明をしていきますね。

 

アスベストとは

アスベスト(石綿)とは、天然に産出する繊維状ケイ酸塩鉱物の総称であり、イシワタ、セキメンとも呼ばれております。

繊維1本は直径0.02-0.35μm程度で、 綿のように軽く柔らかい形状で耐熱・耐火性や防音性、絶縁性など、 多くのすぐれた性質を持ち、 世界中で多くの建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等に重用されてきました。

 

アスベストには主に6種類あります。

①蛇紋石系のクリソタイル(白石綿)

②角閃石系のクロシドライト(青石綿)

③アモサイト(茶石綿)

④アンソフィライト

⑤トレモライト

⑥アクチノライト

上記アスベストについては「繊維状を呈している」と厚生労働省労働基準局長通達(2006(平成18)年8月11日基発第0811002号)において定義されおります。

また、アスベスト含有建材の判定はアスベスト含有量が0.1重量パーセントを超えるかを基準としています。

 

自然由来の物質であるアスベストは、工業的に利用されている天然鉱物の中に不純物として混入しているあり、そのため、厚生労働省は2006(平成18)年8月28日基安化発第0828001号「天然鉱物中の石綿含有率の分析方法について」にて、アスベストの混入のおそれがある「タルク、セピオライト、バーミキュライト、ブルーサイト(鉱産資源)」に関するアスベスト含有の分析と判断方法を提示しています。

日本で過去使用されたアスベストはクリソタイル多く、クロシドライトやアモサイトも輸入、使用されましたが、1995(平成7)年にはこれら2種類は輸入と使用が禁止となりました。

以後は主にクリソタイルだけが使用されてきました。従来、意図的には利用されていなかったとされてきたアクチノライト、アンソフィライト、トレモライトの3種類についても、実際の建材分析の結果から国内での使用が確認されています。

 

 

危険性の顕在化

空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると、 肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり、20世紀後半に入ると徐々にアスベストと健康被害との関係性が科学的に解明されていき、アスベストの使用を規制あるいは禁止する国が増えていきました。

日本でもアスベストによる健康被害は比較的早くから指摘されていましたが、2005年に「アスベスト付近に存在するだけで健康被害を受ける可能性がある」という情報がメディアに取り上げられ、大きな社会問題となったことからアスベスト使用規制が一気に加速しました。

どうして健康被害が起きるのかを分かりやすく説明します。

アスベストは一見綿のように見えますが、繊維の1本1本には弾力はほとんどなく、非常に脆く折れやすい性質を持っています。
このため、軽い衝撃を与えただけで繊維が粉々に砕け散り、目に見えないほど微細な針状の粉塵(ほこり)となって舞い散ります。

この粉塵を人が吸い込むと、アスベストの針は肺に達して肺胞に突き刺さります。
針を体外に排出するため、人体の免疫システムが異常反応を起こして「石綿肺」「肺がん」「中皮腫」などを引き起こす原因となるのです。

 

 

上記のように使用は禁止されたものの、私たちの身の回りにはすでに吹付けアスベストやスレート、建物内の断熱材など大量のアスベストが存在します。
このため、将来これらの建物の建て替え時期には数十万、数百万といったアスベスト健康被害者がでるのではないかと心配されています。
アスベスト輸入量は約1000万トンあり2040年には男性だけで十万人以上が死亡する可能性があります。

 

アスベストはとても使い勝手のいいものでありましたがこのような重い被害面が多く利用されなくなりました。

しかし、まだアスベストが一定の以上含まれている家屋も多く存在しているのも事実です。

特に古い家屋に関しましては必ず専門の業者へ依頼し工事などを行うようにしましょう。

多少お金はかかりますが健康一番!!周りの方々へ迷惑をかけないよう処理していただくことを願うばかりです。

 

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.