ブログ一覧


屋根材の種類と効果について

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは屋根材についてご説明をさせていただきます。

 

屋根材とは屋根を作る時に使用する建材であります。 瓦や鉄板、ガルバリウム鋼板等、建築の用途やスタイルによって使用されるものは様々あり、屋根材選びに重要なポイントは3点あります。

 
1.価格
2.デザイン
3.耐用年数
下記にて選び方を具体的に解説していきます。

 

価格

屋根材により工事費は大きく変異します。
低コストで工事ができる屋根材は【スレート】【トタン】【ガルバリウム鋼板】の三種類です
【トタン】は耐用年数が極端に短い難点があり、価格を重要視する人は【スレート】もしくは【ガルバリウム鋼板】を選ばれることをおすすめします。

 

デザイン

屋根材によりデザインは大きく相違します。
最もデザイン性が高いと言われているのは、【ねんど瓦】【アスファルトシングル】が代表されます。
特に、ねんど瓦は日本家屋に格式高いイメージを与える事が出来るのでおすすめします。

 

耐用年数

耐用年数は、屋根材を交換するタイミングの目安です。
屋根材のメンテナンス頻度を抑えたい場合は【ねんど瓦】【銅板】が望ましいです。
 
ねんど瓦と銅板は60年以上の耐用年数があり、他の素材と比べ耐久力があります。
銅板は寺等の特殊建築物で使用することが多いので、一般的な住宅にはねんど瓦をおすすめします。

 

8種類の屋根材を徹底分析!主な特徴など

 
屋根には主に8つの素材があります。
1.ねんど瓦
2.セメント・コンクリート瓦(モニエル瓦)
3.化粧スレート
4.天然スレート
5.トタン
6.ガルバリウム鋼板
7.銅板
8.アスファルトシングル
 
それでは素材ごとのメリットやデメリット、価格、耐用年数など特徴を紹介します。

 

ねんど瓦(陶器瓦、いぶし瓦)

ねんどを焼いて作る瓦素材です。
 
≪メリット≫
1.耐用年数が長い
2.デザイン性が高い
3.断熱性が高い
4.防音性が高い
5.結露しにくい
6.塗装が不要
 
≪デメリット≫
1.工事費が高額
2.重量により耐震性が低下
 
工事価格は1㎡あたり9,000円〜12,000円と非常に高額です。
耐用年数は60年以上あります。
ねんど瓦は、高い工事費を払ってでも屋根の耐久性を高めたい方に向いています。
 

セメント・コンクリート瓦(モニエル瓦)

セメントやコンクリートを原料に用い作られる瓦素材です。
デメリットが多く近年では利用する住宅が減っています。
 
≪メリット≫
1.ねんど瓦と比べ低コストで瓦のデザインを取り入れられる
2.断熱性が高い
3.防音性が高い
 
≪デメリット≫
1.ねんど瓦よりも耐用年数が短い
2.重量により耐震性が低下
3.塗装が必要
4.ほぼ生産されていない
 
工事価格は1㎡あたり6,000円〜8,000円です。
耐用年数は30年程度です。
 
セメント・コンクリート瓦は、費用を抑えバランスよく、ねんど瓦のメリットを取り入れたい方に適しています。
 

化粧スレート(人口ストレート、コロニアル、カラーベスト)

セメントなどを原料として作る板状の屋根材です。
日本の住宅で最も人気が高い屋根材です。
 
≪メリット≫
1.工事費が安い
2.瓦よりも軽くて耐震性が高い
3.工事できる業者が多い
 
≪デメリット≫
1.耐久性が低い
2.塗装が必要
3.2004年より前に作られたものはアスベストを含むおそれがある
 
工事価格は1㎡あたり4,500円〜8,000円です。
耐用年数は20年〜25年程度です。
 
化粧スレートは、耐用年数と費用対効果に優れた屋根材を使いたい方に適しています。

 

天然スレート

岩石を原料とした薄い板状の屋根材です。
 
≪メリット≫
1.化粧スレートと比較して天然石特有の美しさがある。
 
≪デメリット≫
2.化粧スレートと比較して価格が高く、重いため耐震性が低下する。
 
工事価格は1㎡あたり10,000円以上します。
化粧スレートより耐用年数は長く、20年以上あります。
 
天然スレートは、化粧スレートよりもデザイン性の高いスレート屋根にしたい方に適しています。

 

トタン

亜鉛でメッキ加工をした薄い鉄板素材です。
デメリットが多く、近年では使用する住宅が減っています。
 
≪メリット≫
1.工事費が安価
2.軽量で耐震性が高い
 
≪デメリット≫
1.耐用年数が非常に短い
2.錆びやすい
3.断熱性が低い
4.防音性が低い
5.塗装が必要
 
工事価格は1㎡あたり5,000円〜6,000円です。
耐用年数は10年〜20年で屋根材としては最も短いです。
 
トタンは、短い期間で屋根材を取り換えても良いから、とにかく工事費安く抑えたい方に適しています。

 

ガルバリウム鋼板

アルミニウムと亜鉛、シリコンによりメッキ加工した鋼板素材です。
コストパフォーマンスに優れており、金属の屋根材の中では特に人気があります。
 
≪メリット≫
1.軽量で耐震性が高い
2.金属素材としては錆びにくい
3.防水性が高い
4.安価で工事ができる「カバー工法(現在の屋根に新しい屋根材を重ねて施行する安価な工事方法)」に最適
5.複雑な形状の屋根にも対応できる
 
≪デメリット≫
1.傷付きやすい
2.防音性が低い
3.塗装が必要
 
工事価格は1㎡あたり6,000円〜9,000円です。
耐用年数は30年程度です。
 
ガルバリウム鋼板は、カバー工法で費用を抑えた屋根工事をしたい方や、とにかく雨漏りを抑えたい方に適しています。

 

銅板

銅製の板を屋根に張り付けたもので、寺などの特殊建築物で利用します。
屋根材の中で最も耐用年数が長いです。
 
≪メリット≫
1.耐用年数が最も長い
2.錆びたとしても耐用年数が短くならない
3.塗装が不要
4.軽量且つ耐震性が高い
 
≪デメリット≫
1.価格が最も高い
2.工事ができる業者が限られている
 
工事価格は1㎡あたり20,000円以上と非常に高額です。
耐用年数は60年以上あります。
 
銅は、大仏や自由の女神に使われている素材で、耐用年数が100年を超えるものもよく見受けられます。
銅板は、屋根の耐用年数を長くする為であれば、業者を探す手間も高額な費用も惜しまない方に適しています。

 

アスファルトシングル

ガラス繊維にアスファルトを染み込ませ、表層に石を吹き付けたシート状の屋根材です。
 
≪メリット≫
1.軽量で耐震性が高い
2.錆びない
3.割れない
4.デザイン性が高い
5.複雑な形状の屋根に対応できる
 
≪デメリット≫
1.風に弱く吹き飛びやすい
2.表面に吹き付けた石が落ちやすい
3.カビやコケが生えやすい
4.工事ができる業者が限られている
 
工事価格は1㎡あたり5,000円〜6,000円ですが、施工業者が少なく工事費が高額になるおそれがあります。
耐用年数は20年〜30年程度あります。
 
アスファルトシングルは、特にデザイン性を高めたい方に適しています。
 
 
ここまで8種類の屋根材をご紹介させていただきましたが、
使用する屋根材は、価格やデザイン性、耐用年数をバランスよく考えて選択されることをおすすめします。
 
価格…化粧スレートが適しています。
デザイン性…アスファルトシングルや、ねんど瓦が良いでしょう。
耐用年数…ねんど瓦や銅板をおすすめします。
 
費用対効果に優れている人気の屋根材は「化粧スレート」もしくは「ガルバリウム鋼板」です。
屋根材選びで迷う場合はどちらかを選択すると良いでしょう。

 

屋根の形はリフォームで変えることができる

屋根の形を変えることはできますが、工事場所が高所で足場の設置が必要にな大掛かりなリフォームの為、高額になります。

規模によりますが、相場としては約200万〜700万円程度の費用が必要な工事となり、費用は変更する屋根の形状(切妻、片流れ、寄棟など)の違いよって変動します。

 

まとめ

屋根の素材、屋根勾配、屋根の形状によりメリット・デメリットがあります。

特に屋根材により、屋根そのものの耐久性があるため、塗装ではメンテナンスできない場合もあります。

その場合は、カバー工法や葺き替えもというリフォーム方法があるので、築20年以上の建物の場合は、塗装以外のリフォームを検討しましょう。

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.