ブログ一覧


屋根の藻、苔、カビによる影響について

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは屋根のメンテナンスによる影響についてご説明をさせていただきます。

 

使用されている建材でも異なりますが、古くなった建物は苔や藻、カビが発生しやすくなります。

中でもスレート屋根などは顕著に表れ、苔だらけの屋根を見ることもあります。

苔や藻、カビは日陰の外壁にも生え、幾度も繰り返される為「苔や藻、カビは生えてしょうがない」と諦めてる方もいます。

 

藻・苔・カビの生えやすい場所、生えやすい建材

苔・藻・カビ、これらに共通して言えることは日当たりの悪い場所に生えます。

ところが太陽光が嫌いでない種類の苔や藻もたくさんあり、日当たりの良い屋根の上や外壁にも存在することもあります。

日当たりが悪い場所で育つ、違う種類のものもあることを覚えておいてください。

厳密に苔・藻・カビを見分けるのは難しく、「苔と思ったら、藻だ」「藻と思ったら、カビだ」ということも多々あります。

 

苔が生える場所、その特徴

陸上の植物にはある程度の日光を必要としますが、日光を好むものから好まないものまで、

多数の種類があり、日の当たり方によって繁殖の仕方が違う苔もあります。

苔は日本では縁起がいい植物とみられ部屋や敷地で育ててる人もいますが、屋根や外壁に繁殖する苔は迷惑でしかないです。

築年数がある程度経過したスレート屋根には、付き物と言ってもいいくらい発生率が高く、

大抵のスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根で見ることができます。

また水切れが悪くなったセメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根に限らず、

ねんど瓦の屋根でも日当りが悪い場所に土などが堆積し、苔が繁殖することがあります。

外壁に生えることは少なく、日陰の地面だったり、水はけの悪いベランダやバルコニー、排水路に生えることが多いです。

 

藻が生える場所、その特徴

水中の植物である程度の日光を必要とします。

最初は薄く生え、一見カビのように見えますが実は藻というケースが多く、

ある程度、生育してくると藻の密度も高くなり、緑色が濃くなってきます。

ガードレールの緑色の汚れは藻であることがほとんどで、屋根や外壁材が金属でも発生する可能性が高いです。

藻もスレート屋根で見ることができ、水切れが悪くなったセメント瓦やコンクリート瓦の屋根に限らず、

外壁に生えることも多く、窯業系サイディングやモルタル外壁、コンクリートの部分などでよく見られます。

乾きが悪いベランダやバルコニーの床や排水路にも発生し、雨樋の裏側部分にも藻があることが多いです。

 

カビが生える場所、その特徴

苔や藻と違い、日光を必要とせず明るいところであっても繁殖します。

水分が染み込み、長く滞留する部分や木材、軒天など、外壁や屋根上の枯れた苔や藻を栄養源に繁殖することもあります。

雨漏りしている屋根の小屋裏で見られるのはほぼカビです。

藻や苔より水分を必要とし、様々な色がありますが屋根や外壁に生えるものは黒っぽい特徴があります。

 

苔・藻・カビは何故生える?

苔・藻・カビの共通しているところは胞子によって増える点です。

胞子自体とても軽いもので、カビの胞子は何千メートルも舞い上がると言われています。
また、1㎥の空気中に少なくとも数個から数百個、多いと数千個の胞子が漂っていると言われ、

この胞子が着地した場所の環境さえ繁殖に適していれば、増殖していきます。

また苔・藻・カビ、それぞれの種類によっても異なりますが、胞子は寒い地方でない限り一年中飛散します。
苔・藻・カビが屋根や外壁に繁殖しているのを見ると、それなりに適した環境ということが想像できます。

繁殖に適している一番の原因は水分であり、屋根や外壁に苔・藻・カビが生えているということは、

その部分の水切れが悪くなっているからです。これは表面の塗膜の劣化が原因です。

 

苔・藻・カビが生えた場合の対処法

①屋根に生えた場合

屋根に限らず、高い場所の苔・藻・カビを自分で対処しようとするのは絶対にやめてください。

ただでさえ苔・藻・カビは滑りやすいのに、そこへ水さらに洗剤が加わる為、自殺行為に近いことをご理解ください。

1階の屋根であっても自身で除去するのは危険です!プロに頼みましょう!

 

②外壁に生えた場合

無理をせず手に届く範囲でしたら、自分で清掃してみましょう。

その場合は中性洗剤を薄め、柔らかいスポンジやブラシで優しく擦る程度にすることを守ってください。

ネットに「漂白剤が効く」「市販されている○○が効果的」と書かれていることもありますが、鵜呑みにするのは危険です。

高い所をブラシなどで擦る場合、中性洗剤が垂れたり、飛び散ったりするので保護眼鏡やゴーグルを必ず着用してください。肌荒れの心配もあるので、ゴム手袋なども装着するようにしましょう。

 

風通しがよくなるように工夫をしてみましょう

苔・藻・カビが外壁などに生えた場合、まずは周囲の環境を見比べてみましょう。

例えば植木鉢の植木、植栽など風通しを悪くしているものがあり、乾燥しにくい場所になっているのであれば、

対象物を移動したり、剪定することで大幅に改善できることもあります。

 

水溜りができないように工夫してみましょう

周辺の地面が湿っていたり、水溜りがある場合は砂や土を入れて水分が溜まらないようにしましょう。

砂や土を入れれば水溜りが出来にくいですし、時間当たりの蒸発量も変わりますので、苔・藻・カビも発生しにくいです。

 

家庭用のスチームクリーナーは極力避けましょう

家庭用の高圧洗浄機やスチームクリーナーに頼りたくなる気持ちは分かりますが、あまりお薦めできません。

高圧洗浄機は綺麗に落とせ、高所の洗浄も可能ですが使い方にはコツがあり、屋根や外壁を傷めていることもあります。

また近隣建物と間が空いていない場合は苔・藻・カビを含んだ汚水を、近所に飛散させてしまう可能性があります。

スチームクリーナーは高温の蒸気で、苔・藻・カビなどを死滅できますが、塗膜やシーリングまで傷めることもあり、

また水蒸気の粒子は水の粒子より小さく、透湿性のある塗膜の場合、下地に水分を与えていることにもなりかねません。

以前述べたように苔・藻・カビが育つには水が必要で、綺麗にした後にすぐに苔・藻・カビなどが再発する場合、

その部分の水切れが悪くなっていることを指し、防水性が低下していることでもあります。

どんな建材でも、水分は大敵で防水性の低下は建材に悪影響を与えます。

その為、屋根塗装や外壁塗装によるメンテナンスで防水性を回復させる必要があります。

経年に関係なく屋根塗装や外壁塗装が苔・藻・カビが生えることを防ぐ手段であることは間違いありません。

中には苔・藻・カビを抑止する塗料もあり、環境に合わせ計画的にメンテナンスをしていかなくてはいけないのです。

繰り返しますが、苔・藻・カビは建物を劣化させる大きな原因で、放置した分だけ建物を傷めてしまいます。

 

屋根や外壁の苔・藻・カビでお困りの方はプロ屋根に相談ください。

そして少しでもみなさんの優良業者の選定にお役立てください。

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.