ブログ一覧


プロ屋根施工事例・その3

「屋根」がコンセプトの同ブログ、全7回シリーズで、プロ屋根工事例を、画像を用いてご紹介しています。

 

地上からは作業内容が目視確認しづらい、屋根の上の熟練の職人の技と一連の工程をご確認から、ご自宅の工事をイメージいただければ幸いです。

今回は瓦屋根において瓦の固定・接着欠かすことのできない、漆喰(しっくい)の補修工事に関する説明記事です。

日常あまり意識が向かない屋根の漆喰ですが、この部分の劣化が大きなトラブルにつながりかねず、常に適正な状態を保つ管理が望まれます。

 

 

☆漆喰(しっくい)

 

1・現状確認からの状況説明と修復作業内容の提案

先に触れた通り、漆喰のダメージは見過ごされがちで、専門業者が現状調査したときには、すでに深刻な事態となっているケースが少なくありません。

ちなみに漆喰の劣化が原因で生じる屋根と家屋のトラブルは、次のとおりです。

 

*漆喰の剥がれにより棟の台土が風雨により流出

漆喰に生じた亀裂や剥がれた箇所から雨水が侵入し、屋根の要である旨の台土を流し出してしまうと、屋根は適正な状態を保てなくなります。

元来必要な台土が欠損してしまうと、防水その他の役割を果たせないばかりか、屋根そのものの強度面の不安も大きくなります。

地上からは目視確認できない箇所に生じた漆喰のわずかな異常も、プロの目は見過ごしません。

 

*瓦のズレ・抜け落ち

瓦を固定する役割を担う漆喰の劣化は、瓦のズレや、強風による落下事故を招きかねません。

いずれも瓦と瓦の隙間や欠落した箇所から雨水が侵入し、内部の土を湿らせ、それが風化につながります。

内部で飽和状態になった水分(湿気)は瓦の接着力を弱らせ、ズレが進行し落下のリスクも高まる、負の連鎖が止まらなくなります。

この悪循環もまた、外からの目視確認が極めて困難なため、早い段階で居住者が気づくことができません。

プロ屋根が繰り返しお伝えしている、専門業者による現状調査の重要性を証明する、屋根のSOSの典型的な一例です。

プロ屋根の漆喰の補修工事に際しては、オーナーさまに現状を分かりやすく説明から、作業工程をご理解いただくべく、丁寧な提案を重要視しています。

 

2・漆喰補修工事の工程

これまで作業工程をご紹介した『カバー工法』『葺き替え』とは異なり、屋根の漆喰補修工事は、それぞれの状況に求められる、適材適所の作業が求められます。

部分補修だけで済む場合から、大掛かりな作業が必要と判断される、より劣化が進行した状況まで、着工時の漆喰の劣化の度合いはさまざまです。

熟練職人の確かな眼力と匠の技が必要不可欠な漆喰補修工事、ここでは一般的に共通する作業のポイントを、流れに沿って説明いたします。

 

<部分補修の場合>

既存の漆喰の劣化した部分を、すべて除去します。 

新しい漆喰が定着しやすいように、瓦の下に敷かれた台土を整えます。 

漆喰を塗り直し、表面を整えます。 

<棟瓦を除去してすべてを新たに作り直す(取り直し)工事の場合>

現在の棟瓦と漆喰をすべて一旦取り除きます。 

残った土を除去し、汚れを清掃します。 

新たな台土を敷き、漆喰を塗り、新たな棟の形状を構築します。

瓦のズレを防ぐために、金具で固定することで耐震性を向上させるなど、臨機応変な対処も施されます。 

漆喰のトラブルを知らせる兆候として、室内の雨漏りの前に、瓦のズレが見過ごせません。

偶然目にしたご近所の人から「瓦がズレているみたいですよ」などと告げられ、初めてその事実に気づいたのであれば、放置は禁物です。

万が一突風などで落下事故となり、通行人や通行車などを直撃してしまえば、取り返しがつきません。

漆喰のトラブル放置は、我が家の管理者責任の放棄と解釈されかねません。

少し脅かすような文面になってしまいましたが、近年はこうした未必の故意による責任が、より重く問われる時代です。

 

 

プロ屋根は大切なマイホームの屋根の補修を通じ、みなさんの安心ライフをサポートしています。

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.