ブログ一覧


プロ屋根施工事例・その7

「屋根」がコンセプトの同ブログ、全7回シリーズで、プロ屋根工事例を、画像を用いてご紹介しています。

 

地上からは作業内容が目視確認しづらい、屋根の上の熟練の職人の技と一連の工程をご確認から、ご自宅の工事をイメージいただければ幸いです。

このシリーズのラストとなる今回は、先に触れた雨樋交換(あまどいこうかん)同様、DIYを推奨する声が高まる、屋根塗装に関する記事をお届けします。

屋根塗装が危険と背中合わせの作業であり、高度なスキルが求められる作業であることを、この機会にぜひお確かめいただければと思います。

 

 

☆屋根塗装(やねとそう)

 

1・現状確認からの状況説明と作業内容の提案

ここでご依頼主(オーナー)さまに正しくご理解いただくべきポイントとして、足場が絶対に必要である点があげられます。

相見積もりを取った際に、足場なしで低価格の作業を提案する業者も見られるようですが、これは大きなリスクが避けられません。

少しでも費用を抑えられるメリットは、確かに魅力的ですが、乱暴な言葉を用いれば、「安物買いの銭失い」と背中合わせの選択です。

ちなみに足場なしの作業のデメリットは、次の通りです。

*厚生労働省制定の『労働安全衛生規則』違反となる可能性があります。

作業者の安全確保を目的に、2m以上の高所作業に際しては、足場を設置する必要があるとさだめられています。

*近隣トラブルが避けられません。

足場がなければ、作業中の塗料その他の飛散防止目的で設置すべき、メッシュシートを用いることができません。

塗装作業前の高圧洗浄や手作業による塗布作業に際しても、飛散を一切防ぐ対策がなされておらず、ずさんな工事といわざるを得ません。

*不安定な作業環境ゆえの低品質の工事

職人の熟練の技も、勾配のある屋根の上では、十分に発揮できなくて当然です。

落下事故回避に意識が向いてしまえば、作業は自ずと粗雑となってしまい、仕上がりに問題が残るばかりでなく、やり直しが必要となりかねません。

プロ屋根の工事では、安全第一の高品質な作業を最優先すべく、提案内容を正しくご理解いただけるよう、懇切丁寧な説明に努めています。

 

2・屋根塗装の作業工程

・足場を組み上げます。

屋根塗装に際しては、作業員の安全確保と近隣トラブル回避に十分配慮すべく、『ビケ足場』もしくは『くさび式足場』を用います。

リスクが懸念される『単管足場』はNGです。

屋根の勾配が急な場合には、現場環境に応じて『屋根足場』を組み上げます。

屋根塗装工事に際しては、足場の組み上げが重要なウエイトを占めます。

 

・屋根材の隙間に水の逃げ道を確保

スレート屋根の表面をいきなりそのまま塗装すると、屋根材の隙間に塗料が入り込んで詰まり、水の逃げ場が塞がれてしまい、雨漏りを誘発しかねません。

塗装作業後に入り込んでしまった塗膜を削り取る「縁切り」という作業が必要ですが、塗装前に隙間にタスペーサーという部品を挿入することで、水の抜け道を確保します。

せっかく塗り上げた屋根の塗膜に後から手を加えれば、美感度の劣化が避けられません。

タスペーサーを作業前に用いることで、より美しい仕上がりを保つことができます。

 

・棟板金の釘打ち(ビス止め)を施す

釘が緩んだ・欠落した状態のまま、新たに塗装するだけでは、十分な屋根修理とはいえません。

塗装する屋根全体の状態を適正に整えたうえで、塗装作業に着手する流れを踏む必要があります。

 

・塗装作業を進める

作業工程を写真撮影し、ご依頼主(オーナー)さまに随時報告すると同時に、作業記録として保存します。

使用した塗料の種類と分量も、同様に報告・記録・保存します。

こうした細やかな対応が、業者のスキルアップにつながると同時に、後々の無用なトラブル回避につながります。

 

・足場を撤去して工事完了

安全かつ高品質な作業を通じ、大切なマイホームの屋根が生まれ変わりました。

飛散・騒音対策も万全だったことで、近隣からのクレームもなく、無事完了です。

以上、ここまで代表的な屋根工事7例の工程をご紹介する記事を、お届けしてまいりました。

 

 

いずれの工事にも共通する、プロ屋根が最優先するポイントは、「費用面のお得感」「簡単手軽」などの価値観を基準とするものではありません。

『安全第一』『近隣への配慮』『十分な意思疎通による信頼関係』なくして、高品質な屋根工事を完了することはできません。

 

 

プロ屋根はその名に恥じることない、高品質の屋根工事をお約束する、厳選した屋根工事専門業者をご紹介する、お役立ちサイトです。

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.