ブログ一覧


葺き替え工事に関して

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは「葺き替え工事」についてご説明をさせていただきます。

 

 

◆葺き替え工事ってどんな工事?

葺き替え工事を一言で説明すると、『今ある屋根をすべて撤去して、新しい屋根を施工する工事』のことです。

 

◆葺き替え工事の方法と期間

屋根は、表から見える一次防水と内側で家を守る二次防水にわかれます。
葺き替え工事では、下地の上にある一次防水と二次防水をすべて取り外し、新しいものに交換します。

何層にも重なる屋根のパーツをすべて組んでいくことになるので、工期の目安は1週間〜2週間ほどで、下記の8つのステップで進みます。

 

①足場の組み立て

屋根の上は2m以上の高所作業になることが多く、基本的には足場が必要になります。

家の周りをぐるっと覆うように組むため、大きな家になるほど時間がかかります。

【工期:半日~1日】

 

②既存の屋根材の撤去、処分

今付いている屋根材を取り外し、撤去していきます。

古い瓦屋根の場合には、瓦の下に『葺土(ふきど)』という固定用の土があることもあります。

そちらもここで撤去していきます。

【工期:1日~2日】

 

③下地の状況確認、修繕

屋根材を全て取り外し、下地の状態を確認します。
必要であれば補強、修繕を行います。

【工期:1日】

 

④野地板(コンパネ)の施工

下地の上に、野地板を重ねて貼り付けていきます。重ねて貼ることで屋根の強度が高まります。

野地板とは、屋根材を支えるための板のことを言います。

9mm〜12mmくらいの厚みのことが多いです。

【工期:1日~2日】

 

⑤防水シート(ルーフィング)施工

防水シートを野地板に貼り付けていきます。こちらのシートを貼ることで、雨に強い屋根になります。

【工期尾:1日~2日】

 

⑥新屋根材の施工

新しい屋根材を貼り付けていきます。屋根材にもよりますが、1〜2日ほどで設置が完了します。

【工期:1日~2日】

 

⑦板金工事

雨水が入らないよう、棟、けらば部分に板金加工を行います。

【工期:半日~1日】

 

⑧手直し、足場解体、掃除

最後に点検し、手直しや掃除を行なって完了となります。

作業される業者や人数によっても工期は変わります。だいたい1〜2週間くらいかかると思っておきましょう。

【工期:半日~1日】

 

◆葺き替え工事の費用はいくら?

地域や業者によっても異なるので、あくまでも目安として考えてもらえればと思います。

平均的な家のサイズである30坪(99㎡)の施工と仮定すると、工事費は95万円〜240万円が相場です。

正直なところ、金額を見てびっくりされた方も多いと思います。
何の作業にどれくらいかかるのか、くわしく紹介します。

 

◆何にどれくらいかかるの?

葺き替え工事をすると、下の表のような費用が施工する面積分かかってきます。

内容 施工価格(㎡)
既存屋根材の撤去費用 1,500円~3,000円
下地補修 3,000円~20,000円
防水シート 3,000円~20,000円
足場費用 600円~1,500円
(アスベスト処理費) 20,000円~80,000円
新しい屋根材 セメント瓦 5,000円~10,000円
和瓦 20,000円~40,000円
スレート 5,000円~7,000円
ガルバリウム鋼板 6,500円~8,000円

※費用はあくまで一例です。お住まいの状況によって変わる場合がございます。

これらを30坪分の99㎡で計算すると、先に紹介した95万円〜242万円となるわけです。あくまでも目安の金額にはなりますが、みなさんもぜひ計算してみてください。

決して安くはない葺き替え工事。施工するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

◆葺き替え工事すると何がいいの?メリット・デメリットを解説

ここでは葺き替え工事をすると何がいいのか、そのメリットや、工事をするときのデメリットについて解説していきます。

 

●葺き替え工事の3つのメリット

①下地の補修点検もできる

屋根材を全て取り外すので、下地材を目視で確認できます。

補修の必要な場所がわかりやすく、作業もしやすいのできちんと補修できます。

 

②自然災害の危険を防げる

下地が補修されて屋根材が新しくなるので、寿命が長くなり、強風や大雨などに強くなります。

 

③耐震性の向上

今よりも軽い屋根材にすることで家の重心が下がり、耐震性を向上させることができます。

屋根が軽くなることで、基礎部分や柱に負担がかりにくく、地震に強い家になるんですね。
屋根や家の寿命を伸ばし、地震に強い家になるところが最大のメリットと言えそうです。

 

●葺き替え工事の2つのデメリット

①高額の費用がかかる

施工面積が広くなるので施工費がかかるほか、既存の屋根材の処分費もかかるためどうしても高額になってしまいます。

 

②工期が長い

先にも紹介したように工事には1〜2週間かかるため、その間は生活にも影響が出ます。

 

◆まとめ

葺き替え工事の内容や工期、費用をはじめ、それ以外の屋根のリフォーム方法についても紹介してきました。

葺き替え工事について、少しおさらいしておきましょう。

 

・葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材を設置する工事

・工期の目安は1~2週間

・費用の目安は、30坪の施工で95~240万

・屋根の寿命が延び、地震に強い屋根になるが、費用が高く工期が長い

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.