おすすめ軒天の材料は?

軒天の材料として、近年では不燃材の使用が主流となっており、代表な軒天材は「ケイ酸カルシウム板(ケイカル板)」になります。

ちなみに20~30年前の日本では「木材のベニヤ」が主流でした。

 

さて、現在主流となっているケイカル板のメリット・デメリットについて説明をしていきます。

不燃材系の軒天材の長所として「耐久性、耐火性、耐水性」などがあげられます。

また、表面のデザイン種類が豊富なのと、換気機能をつける事ができるのも長所となります。

逆にデメリットは少し重量があるということ、そして木材の軒天材よりも値段が少し高いということです。

 

最後に

軒天は、放置してしまうと「剥がれや穴あき」が発生して美観を損ないます。

また、そこから雨漏りするリスクや動物が侵入もするケースもあります。

そうなってしまった場合には、「軒天張替え」、「軒天カバー」を行い改善していきましょう。

それぞれ、メリット、デメリットをしっかり確認し、ご希望にあった「施工方法」と「軒天材」を選択されることをおすすめします。