ブログ一覧


石州瓦について

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは何種類かある瓦の中から「石州瓦」についてご説明をさせていただきます。

 

石州瓦(せきしゅうがわら)とは??

石州瓦の生産地は島根県の石見地方になり、粘土瓦のことをいいます。

石見地方の他にも江津市の都野津地区を中心に大田市や浜田市、益田市などでも生産されております。

綺麗な赤褐色が特徴で、山陰地区でよく見られる赤瓦はまさに石州瓦になります。
また、真っ黒の瓦も多く生産しており、鉄砂色とよばれております。

日本三大瓦の一つとなり、他には「三州瓦」「淡路瓦」があります。

焼き上げる温度はなんと1200℃以上と高い為冷害や塩害にも強い瓦ができ、主に雪が多く降る日本海側や北海道なでの利用シェアが高くなっている瓦です。

現在でも年間で2億枚ほど生産されており、全国シェア約20%占めているか釉薬瓦になります。

昨今良質な原土の減少で、生産組合も減少している。

 

 

石州瓦の歴史

石見国の国分寺建設にも用いられた説があり、1600年頃に釉薬を使わない赤色瓦が焼かれた事が確認されている。

室町時代から江戸時代にかけ、浜田城や津和野城とその城下町の建築などでの活用により生産が本格化してきたものと考えられております。

島根県内で初めて地域団体商標として登録されたのが2007年4月になります

 

 

石州瓦の特徴
石州瓦は、淡路瓦の同じ1300年ごろから作られていると言われております。

主な特徴として薄くて軽い瓦で台風や雨に強く、塩害に強い特徴があります。

良質の白陶土と来待石から採れる釉薬(ゆうやく)を使い作られる柿色の瓦「赤瓦」になります。
赤瓦は高温で焼成することによって、耐候性に優れ、冷害に強い瓦になります。
瓦の屋根の初期コストは他の屋根材により高くありますが、20年30年の長期でみると割安になります。
瓦のズレや割れ、剥がれなどの定期的な点検は必要となりますが、スレート系や金属系のような表面劣化は少なくあります。
そのため長期間きれいな状態で屋根を維持できる特徴があります。

 

石州瓦9つの特徴まとめ

① 防寒性能 :寒さに強く、凍りにくく吸水率が低い
② 防火性能 :燃えない粘土瓦を使用
③ 耐衝撃性能:JIS企画の強度2倍をを誇る衝撃性能
④ 耐久性能 :腐食変色、酸性雨、アルカリに強い
⑤ 耐震性能 :耐震性能に優れた屋根材
⑥ 耐風圧性能:ずれない、はがれない瓦
⑦ 省エネ性能:断熱性・耐久性・自然性のバランスが良く、省エネ性能に優れいている
⑧ 防水性能 :いろいろなテストの結果水を通さない防水性
⑨ 塩害性能 :海の近くで生まれた為塩に強い

 

 

石州瓦まとめ

石州瓦のデメリットとして、化粧スレートや金属屋根と比べてしまうと重量があることです。
しかし、事前に石州瓦を屋根材として使用することで全体の家のバランスを考慮し、重量が重いデメリットもカバすることが可能です。
石州瓦の購入費用は高いですが化粧スレートとは違い塗装のメンテナンスは不要な為、塗装分のメンテナンスの費用は抑えられます。

石州瓦などの瓦屋根をご検討の際は初期費用は高いことを踏まえて検討すると良いでしょう。

 

 

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.