ブログ一覧


瓦棒について

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは「瓦棒」についてご説明をさせていただきます。

 

瓦棒とは??

 

【瓦棒】とは屋根の傾斜に沿って金属板を葺くために、一定間隔に付けた細い角木材のことです。

瓦棒があるタイプ(心木あり瓦棒葺き)と瓦棒がないタイプ(心木なし瓦棒葺き)があります。

 

◆心木あり瓦棒葺き

構造は単純で、コの字の溝板(みぞいた)の両脇に、瓦棒が一定間隔でならんおり、

コの字の溝板の上を雨が流れるので雨漏りしにくいイメージがありますが、30㎜程度の溝板の立ち上がりでは不十分で、

瓦棒が腐朽する問題があり最近では減っている屋根と言えます。

溝板の立ち上がりにかぶるように、キャップを瓦棒(心木)の上から留め付けます。

 

◆心木なし瓦棒葺き

瓦棒の部分が凹んでおり、心木の角木材が入っておらず代わりに、通し吊子が入っています。

溝板と通し吊子とキャップをはぜ掴みして雨漏りを防ぐため、心木あり瓦棒葺きよりも雨水の浸入が少なくなるようです。

最近では心木なし瓦棒葺きも少なくなり、立平葺きが多く見られます。

屋根の野地板へは、通し吊子を釘やビス等で留め付けます。

 

◆瓦棒葺きとは?

昔からあるトタン屋根のことです。

自転車小屋や倉庫の屋根などによく見かける屋根です。

昔からある屋根なので、錆が多い屋根が多いです。

 

◆瓦棒葺きのメリットとデメリット

【メリット】

①重量が軽い

使用される屋根材はガルバリウム鋼板など金属系の屋根材のため、重量が軽く建物への負担を軽減することができます。

 

②雨漏りのリスクが低い

緩勾配の屋根(傾斜が緩い屋根)に採用できる工法で、通常緩勾配の屋根は水捌けが悪く雨漏りのリスクが高いですが、

瓦棒葺きは棟から軒先まで一枚の屋根材を使用するため、継ぎ目が少なく勾配が緩い屋根でも水が流れやすいので、

雨漏りのリスクを軽減できます。

 

③費用が比較的安い

施工方法など比較的容易なため、費用を抑えられます。

 

屋根材の重量が軽く、雨漏りのリスクが低い上、費用を抑え施工可能となると、瓦棒葺きは魅力的な工法だと思いますが、
そんな瓦棒葺きにももちろんデメリットは存在します。瓦棒葺きのデメリットとは一体なんでしょうか。

 

【デメリット】

①腐食

瓦棒葺きは、等間隔に芯木と呼ばれる瓦棒が存在することが最大の特徴ですが、

雨などにより軒から水分を吸い込んでしまう事で瓦棒が腐食することがあります。

屋根材は瓦棒に固定されているため、腐食により固定力も弱まり強風で屋根全体が吹き飛ぶ可能性があります。

 

②サビ

屋根材が金属系ということはサビが発生します。
屋根材に何かが衝突し傷がつくと、そこからサビが発生し深刻化した場合は屋根材に穴が開くこともあります。

 

③遮音性が低い

遮音性が低いので音に敏感な方は慎重にご検討された方が良いかもしれません。

 

メリットとデメリットについて記載してきましたが、実は瓦棒葺きの工法は最近では減少傾向にあります。

大きな理由として芯木が腐食してしまうと屋根が機能しなくなり、

近年では芯木を使用しない【立平葺き】という、新しい工法が金属屋根では主流になってきています。

使用される屋根材に金属でもサビにくい、スーパーガルテクト等のガルバリウム鋼板が増えている事も減少している原因になっています。

 

 

◆メンテナンス方法

 

①塗装

色褪せ等、劣化状態が軽度の場合は塗装を行います。
定期的に塗装を行うことで防水機能を回復させられるので劣化の予防にもなります。

 

②カバー工法

傷んでしまったトタン等の上からガルバリウム鋼板等をカバーしていく工法です。

 

③葺き替え

サビて穴が開いたり、深刻な劣化状態の場合は葺き替えが必要になります。
ガルバリウム鋼板は、トタンと同じ金属屋根の中でも更に性能が高く、

葺き替えの際はガルバリウム鋼板を使用することが大半です。

 

まとめになりますが瓦棒葺きは減少傾向にあり、現在では芯木を使わない立平葺きが主流になってきています。

ガルバリウム鋼板など金属屋根をご検討の際は【瓦棒葺き】と【立平葺き】について一度調べていただき、

知識を身につけておくと良いと思います。

 

本ブログを少しでもみなさんの優良業者の選定にお役立てください。
 
 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.