ブログ一覧


塩ビシート機械的固定法について

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは「塩ビシート(機械的固定法)」についてご説明をさせていただきます。

 

塩ビシート防水の施工方法は、【接着工法】と【機械的固定工法】のふたつがあり、今回は塩ビシート機械的固定工法のご紹介をします。

 

塩ビシート機械的固定法とは

10年以上、ベランダや屋上など月日が経過した床面の防水が経年劣化してる場合があります。

そのような状態でいざ防水工事をする時、まずは既存の防水材の撤去から始めなければなりません。

その後に不陸調整や下地塗りを行う為どうしても工程がかさみ、下地調整費としての比重が大きくなり防水工事全体の金額が高額になります。

塩ビシート機械的固定工法(塩ビシート絶縁工法)は下地が傷んだままでも、簡単な下地処理で施工でき耐久性が抜群です。

屋上下地とシートの間に空気層をいれる絶縁工法になるので、屋上防水の後に起こる膨れのなどもありません。

戸建て住宅の陸屋根の屋上やルーフバルコニー、マンションやアパート、ビルの屋上などに施工可能です。

 

塩ビシート機械的固定工法の特徴

絶縁工法とも呼ばれ、鋼板やビスを使い防水シートを固定する工法です。

シートに直接下地に密着させないため、目地の挙動や下地の亀裂や振動の影響を受けることがありません。

通常であれば下地の十分な乾燥を密着工法では行わないとシートの膨れなどの不具合が生じますが、

湿潤な下地でも機械固定工法は施工可能で乾燥工程が不要の為、工期が短くできます。

元々シート自体に透湿性があり、躯体の湿気を時間の経過とともに自然に外に放出させますが、脱気筒を設けることで湿気の拡散効果が上がります。シートを上から被せて施工するので、既存の防水層の撤去も不必要になります。

そして下地の調整もほとんど不要のため、費用を抑えることに繋がり改修工事に最適な工法といえるでしょう。

しかし、下地との接合がビスのみであることから双方の強度の確認が必要になります。

機械的固定工法は、人の歩行は不向きとされ、基本的に人の歩行のない屋上などに採用されます。

標準耐用年数は塩ビシートの厚みによっても異なりますが、10年〜15年程度。

塩ビシートの厚みは、1.5mmと2mmがあり、点検程度の歩行のみの場合は非歩行用の1.5mm厚のシートの使用が一般的になります。

※機械的固定工法にはUD工法とUS工法があります。

 

・UD 工法:ディスクを先に固定し、シートと融着する工法。

 UD工法は完成後の意匠性に優れています。

・US工法:ディスクを後で打つ工法のため、耐風圧性能に信頼ができます。

 高層階の屋上や風の強い地域などはUS工法が適しています。

 

機械的固定工法のメリット
塩ビシート機械的固定工法には、以下のようなメリットがあります。

・施工が工期が短くコストの削減ができる。
・下地に影響されないため、改修工事に適している。
・地震に強い。
・密着工法に比べ、溶剤系接着剤の使用が少ない。
・保護塗装などの定期的なメンテナンスが不要。

 

機械的固定工法のデメリット
機械的固定工法にもやはりデメリットはあり、以下のようなポイントに注意が必要です。

・ビス打ちの際、振動や騒音がある。
・歩行に適さない。
・下地(躯体)によって固定金具の選定が必要。
・下地の強度が足りない場合は事故に繋がる可能性がある。

 

塩ビシート機械的固定(UD)工法の施工手順

①下地の確認
樹脂アンカーやビスの引抜試験を行い、下地の強度を確認する。

 

②絶縁シートの敷設
絶縁シートをシワや膨れに注意し、突き付けで敷設。ジョイント部にテープを貼る。

 

③固定金具の取り付け
シートの割付や風荷重を考慮しながら、固定金具を取り付ける。樹脂アンカーやビスは適正な引き抜き強度が必要。

 

④シートの貼り付け
歪みやたるみのないよう、シートを固定金具に熱融着または溶剤溶着する。

 

⑤シートの接合
接合部の全てを熱融着または溶剤溶着する(接合幅は40mm以上とする)。

 

⑥役物周り(ルーフドレンや出隅・入隅など)に成 型役物を貼り付ける。
成型役物とは、出隅・入隅などの役物部に使用される、工場で成型された防水部材のことでコーナーパッチともいう。

 

⑦接合端末部をシールする
シール材を用いて、全ての接合端末部をシールする。

塩ビシート防水の改修に新たに登場した「シールド工法」
塩ビシートは柔軟性を持たせるために可塑剤が添加されていますが、経年によって可塑剤が抜けることで、徐々に柔軟性が失われ硬化していきます。

経年劣化した塩ビシートの改修には、従来は全面撤去が一般的でした。

しかしシールド工法によって、既存の塩ビシート防水の改修にも、機械的固定工法のかぶせ改修が可能になりました。シールド工法とは、劣化し突起状になった古い塩ビシートから、新設の塩ビシートを保護し可塑剤の移行をブロックするための緩衝シートを敷設する工法です。これによって従来心配された、古い塩ビシートの破損箇所が新しい塩ビシートを傷付けたり、シートの接触による可塑剤の移行によって劣化が早まったりすることがなくなりました。

古い塩ビシートの撤去なしで、新しい塩ビシートのかぶせ改修が可能になったことによって、これまで塩ビシートの改修にかかった手間や施工時間、コストなどが大幅に削減されます。塩ビシート機械的固定工法は、塩ビシートのメリットを最大限に活用し、デメリットを最小限に抑えることができる優れた工法です。

しかし安全性確保のためには、躯体の強度をしっかり確認する必要があります。さらに塩ビシート防水ではジョイント部と端末部の作業が、耐久性を大きく左右することになります。そのため、信頼できる丁寧な施工を行ってくれる防水業者に依頼することも重要です。

 

現在防水をお考えの方で

・下地が傷んでいる

・長年防水工事をしていない

・陸屋根から雨漏れをしている

等にあてはまる場合はこの塩ビシート機械的固定工法をおススメしています。

 

プロ屋根では親切丁寧にご対応していただける業者様が多数おり、お住いの地域から近い屋根業者様を数社ご紹介させていただております。

家屋に対してご心配事や、修理をご希望される場合は安心の「プロ屋根」へお任せください。

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.