ブログ一覧


2022年日本海側積雪に関して

プロ屋根ブログを閲覧いただきありがとうございます。

プロ屋根ではお家に関する内容はもちろん最新の情報なども定期的に発信していきますので是非ご覧ください。

今回のブログでは「2022年日本海側積雪」についてご説明をさせていただきます。

 

2021年の12月末から2022年2月にかけて、日本海側を中心に記録的な大雪となったところがあり、東日本と西日本では全般的に低温になりました。このような天候をもたらした大規模な大気の流れの特徴とその要因について、気象庁が14日に見解を発表しました。

天候の特徴は、2022年の冬(2021年12月~2022年2月)は12月下旬以降、日本付近に強い寒気が流れ込むことが多かったため、北日本から西日本の日本海側を中心にしばしば大雪になりました。冬の降雪量は日本海側を中心に平年値を上回る地点が多く見られ、特に西日本では平年値の2倍を超えたところがありました。豪雪地帯における累積降雪量は、12月の前半は平年と比べて極端に少なくなりましたが、12月下旬に大きく増加したのちは平年と同程度に増加しました。冬の最深積雪は日本海側を中心に平年値を上回る地点が多く見られ、特に新潟県津南では2月24日に419cmの積雪を記録するなど、日本上空に強い寒気が複数回入り、北日本や日本海側を中心に記録的な大雪に見舞われた。まず2021年12月26日から27日にかけて、強い冬型の気圧配置のため、日本海側を中心に大雪が降った。27日には、24時間降雪量が滋賀県彦根で68センチ、兵庫県和田山で71センチを記録し、観測史上1位の値を更新した。全国331地点中12地点で年最深積雪の記録を更新しました。また、豪雪地帯において記録的な最深積雪(観測史上1~3位)を観測した地点の割合は、1985年以降で5番目に大きくなりました。

気温は12月下旬以降、全国的に変動がかなり小さく、東日本と西日本を中心に平年を下回る傾向が持続しました。東日本と西日本では、冬の平均気温の平年差がいずれもマイナス0.5℃となり、寒冬になりました。
なお、西日本では2月を中心に冬を通して降水量が少なく、日照時間は多くなりました。

 

建物で大雪や豪雪、雪崩などの雪害で、自宅や家財に被害が生じた場合は、火災保険の「雪災補償」で補償されます。「風災・雹災・雪災」はセットになっていて、多くの火災保険で、加入すると初めからついている補償になります。
雪災とは、雪の重みや落下などによる事故または雪崩のことをいい、融雪水の漏入や凍結、融雪洪水、除雪作業による事故は除かれます。つまり、雪による被害でも雪災補償の対象外となる被害があるということです。
たとえば、雪解けによる洪水(融雪洪水)で自宅に損害があった場合は、火災保険の「水災補償」で補償されます。火災保険に「水災補償」をつけていると補償されます。

 

建物の雪災被害に関してお困りの方はプロ屋根に相談ください。

地域密着の施工店をご紹介致します。

そして少しでも皆様の優良業者の選定にお役立てください。

 

 

~全国の優良な屋根施工会社をご紹介~《プロ屋根》

プロ屋根サイトURL https://pro-roof.jp/
住所:東京都豊島区池袋2-60-11

お問い合わせ窓口:0120-991-808
(9:00〜20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪、奈良、京都、兵庫、三重、和歌山、滋賀、他

 

【プロ屋根が選ばれる理由】

その① お見積もり・紹介料無料
プロ屋根に対するお支払いは一切ございません。

その② 優良業者の紹介
価格・対応スピード・工期などのご要望にも対応致します。

その③ サポート体制
「屋根エキスパート」が施工完了後まで一貫サポート致します。

その④ 業者へのお断り代行
お客様と業者間でのトラブルや手間を省くことが出来ます。

 

屋根のことならプロ屋根にお任せください‼

➡ お気軽にご質問、ご相談お待ちしております!

お問い合わせ窓口:0120-991-808
お問い合わせ https://pro-roof.jp/contact/

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社Give Field. All rights Reserved.